Column & Archivesコラム&アーカイヴ

#コラム・レポート#参加/学び#機関誌「ASSEMBLY」#2019年度

機関誌『ASSEMBLY(アセンブリー)』第四号

[特集]古典のダイナミズム

2019.10.27 UP

第四号では「古典のダイナミズム」と題し、特集監修に立教大学教授の横山太郎氏を迎え、古典を取り巻く現況や制度について様々な切り口で検討しています。過去の芸術の営為をどのように受け継ぎ、新たな創造の糧にするのかという視点で、日本の古典芸能における実践とその課題についても併せて紹介しています。

ASSEMBLY|アセンブリー|京都に劇場文化をつくる| 04
・無料配布
・発行:令和元年10月27日
・配布場所:ロームシアター京都館内、地域文化会館、市内図書館、京都コンサートホール、京都芸術センター、関西圏の劇場・美術館、ほか
※施設によって、早期に配布を終了している場合があります。予めご了承ください。
※ロームシアター京都をのぞく施設での配布開始は11月上旬を予定しております。

特集監修:横山太郎[立教大学]
編集:橋本裕介、松本花音[ロームシアター京都]春口滉平[山をおりる]
デザイン:西村祐一+綱島卓也[ Rimishuna]

誌面の内容はこちらからご覧いただけます(PDF)
『ASSEMBLY アセンブリー|京都に劇場文化をつくる』04[特集]古典のダイナミズム

 

【コンテンツ】
[特集]古典のダイナミズム
▶[インタビュー] ロバート キャンベル 動きはじめる「古典」
▶[紹介]日本の古典芸能 見取り図
▶[インタビュー] 日本の古典芸能の現在とこれからを支える人たち
  1―株式会社京都舞台美術製作所 大谷みどり
  2―京都能面工房 岩井彩
  3―立命館大学アート・リサーチセンター 赤間亮
▶[レポート]自己運動する古典芸能|文=中谷森 シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.2 能楽『鷹姫』
▶[紹介]東アジアの古典芸能の現在
  中国―現代に生きる中国古典芸能・秦腔の茶楼|文=清水拓野
  韓国―古典芸能が観光資源としての役割を担う|文=倉石美都
  台湾―時間・空間の「綯交ぜ」を編み出す芸能文化|文=細井尚子
▶[論考]古典の力、引用される『源氏物語』|文=兵藤裕己
▶[対談]
  1―小佐田定雄×木ノ下裕一|思い詰めずに生きるための古典
  2―河出書房新社×光文社|古典文学出版の現在
▶[紹介]実践者に聞く、古典の教育・普及活動
  1―美術|淺野健一
  2―音楽|藤田隆則
▶[Book Guide]古典の火を絶やさぬよう|文=九龍ジョー

▶[レポート]
  「 いま」を考えるトークシリーズVol.7 & Vol.8
  リサーチプログラム2018年度最終報告会レポート
▶[Artist Pickup]
  05―吉田簑紫郎
  06―渡邉尚
▶[連載論考]脱領土化/再領土化から〈破片〉的へ ―あるいは、10年代の上演系芸術を俯瞰する 第三回 文=内野儀
▶[Review]
  枯山水としての能舞台|文=原瑠璃彦
  近代の伝統―平成最後の都をどり|文=中島那奈子
  1000万年と「私」の円環|文=小崎哲哉
▶ 時評|文=島貫泰介
▶ 橋本裕介の出張日記 ②ニューヨーク編

 

※本誌はロームシアター京都自主事業として2017年度より実施しているプログラム「リサーチプログラム」「いまを考えるトークシリーズ」と連携する機関誌です。「リサーチプログラム」に参加するリサーチャーによる寄稿などを掲載しています。

  • 橋本裕介(ロームシアター京都) Yusuke Hashimoto

    ロームシアター京都事業担当課長・プログラムディレクター。
    1976年福岡生まれ。京都大学在学中の1997年より演劇活動を開始、2003年橋本制作事務所を設立後、京都芸術センター事業「演劇計画」など、現代演劇、コンテンポラリーダンスの企画・制作を手がける。2010年よりKYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭を企画、2019年までプログラムディレクターを務める。2013年から2019年まで舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)理事長。2014年1月よりロームシアター京都に勤務。

  • 春口滉平(山をおりる) Kouhei Haruguchi

    編集者。エディトリアル・コレクティヴ「山をおりる」メンバー。建築、都市、デザインを中心に、企画、執筆、リサーチなど編集を軸にした活動を脱領域的に展開している。2019年よりロームシアター京都の機関誌『ASSEMBLY』の編集を担当。

  • 松本花音(ロームシアター京都) Kanon Matsumoto

    ロームシアター京都 広報・事業企画担当/Spin-Off・機関誌「ASSEMBLY」編集担当。横浜市出身。早稲田大学第二文学部卒業後、株式会社リクルートメディアコミュニケーションズにて広告のライティング、ディレクションやメディア・業務設計に従事。舞台芸術業界に転向し、国際舞台芸術祭フェスティバル/トーキョー制作・広報チーフ(2011-13年)、パフォーミングアーツ制作会社勤務を経て2015年より現職。

  • 横山太郎 Taro Yokoyama

    立教大学現代心理学部映像身体学科教授。専攻は演劇学(特に能楽)、身体文化研究、芸術思想。主な研究テーマは世阿弥時代から現代に至る能楽の身体技法の歴史的変容の解明。哲学・現代演劇・文学理論・人類学などと能との接点を探る学際的研究も行う。

関連事業・記事

Turn your phone

スマートフォン・タブレットを
縦方向に戻してください