ロームシアター京都

  • 演劇
  • 公演
  • 共催

ロームシアター京都セレクション

烏丸ストロークロック『まほろばの景』

2018年2月9日(金)~ 2月11日(日)

開催まで59
  • 短編『まほろばの景』2017年7月撮影:相沢由介

    短編『まほろばの景』2017年7月撮影:相沢由介

烏丸ストロークロックが挑む新シリーズは、安住の地(まほろば)へと向かう人びとの旅路

烏丸ストロークロックは、一つのテーマやモチーフを元に、視点や表現のアプローチを変え、複数の短編作品を連作しながら、長編作品に集成させるスタイルを続けています。
この『まほろばの景(けい)』シリーズは、2017年7月の宮城県仙台市でのフィールドワークと滞在制作からスタートしました。東日本大震災以降、“被災地”と漠然と捉えていた彼の地での人びとの声、営みとの出会いは、変わりゆくもの、変わらないもの、変わりえないものを知る時間でもありました。このシリーズではそこで生まれた短編作品を基点に、生と死、光と闇、過去といま、此処と彼処、被災者と非被災者、健常と障害、家族と他人、私たちが日常に引くあらゆる物理的、精神的な境界線をとりのぞくことで、人びとの新たな地平を見いだす試みです。

公演情報

公演日時

2018年2月9日(金) ~ 2月11日(日)

 9日(金)10日(土)11日(日・祝)
13:00  ●
18:00  
19:00  

会場

ノースホール

作・演出

柳沼昭徳

音楽・演奏

中川裕貴

出演

阪本麻紀(烏丸ストロークロック)
澤雅展(烏丸ストロークロック)

角谷明子
小濱昭博(劇団 短距離男道ミサイル)
小菅紘史(第七劇場)
松尾恵美

お問合せ先

烏丸ストロークロック
[WEB] http://www.karasuma69.org
[TEL] 080-9745-7825 (10:00〜20:00)
[Mail] karasuma69@backyard-jp.com
[Twitter] @karasuma69
[Facebook] https://www.facebook.com/karasuma69/

チケット情報

チケット料金

<整理番号付き自由席・税込>
一般:前売3,500円 当日 4,000円
ユース(25 歳以下):前売 2,500 円 当日 3,000 円

※ユースチケットは公演当日年齢の確認できるものをご提示ください。

発売日

2017年10月14日(土)
10:00

※先行発売:2017年10月7日(土)10:00~ 
フレンズ会員(オンライン会員)、Club会員(京都コンサートホール・ロームシアター京都共通の会員制度)・京響友の会会員

チケット取扱窓口

関連イベント

烏丸ストロークロックとチェロの中川裕貴がつくる 音と言葉のあわい ―リーディング・ライブ

最新作『まほろばの景』の発表にさきがけたプレイベント「音楽と物語」では、長年烏丸ストロークロックの劇中音楽を担当する中川裕貴と俳優陣が、音と言葉の”あわい”を求めて、戯曲リーディングと音楽ライブの融合を披露します。どうぞご期待ください。

プロフィール

烏丸ストロークロック

1999 年設立。京都を拠点に国内各地で活動を行う。現代人の生を克明に描くことで、背景にある社会の不全を浮きぼりにしてゆく。近年では各地での取材やフィールドワークを元に短編作品を積み重ね、数年をかけて長編作品へと昇華させていく創作スタイルが評価されている。代表の柳沼は2015 年京都芸術センター主催「演劇計画Ⅱ」で創作した『新・内山』での第60 回岸田國士戯曲賞・第23 回OMS 戯曲賞ノミネートや2016 年度京都市芸術新人賞を受賞するなど関西で注目を集める一人である。

柳沼昭徳

柳沼昭徳

1976年京都生まれ。劇作家・演出家。1999年 に「烏丸ストロークロック」を旗揚げ、代表。社会の抱える不全とそれが及ぼす人々への影響を描く。一つの題材を約5年といった歳月をかけ、綿密な取材とフィールドワークを経て短編を連作しながら、質、内容共に昇華させていく創作スタイルが評価され、京都のみならず関西・東海地域と活動の幅を広げる。近年は各地で演劇ワークショップや市民参加型の創作も多く手がけている。2015年、京都芸術センター主催の演劇計画Ⅱにて『新・内山』を発表。同作品は第60回岸田國士戯曲賞の最終候補にノミネートされ、大きな注目を集めた。2018年2月にはロームシアター京都で新作を上演予定。2016年度京都市芸術新人賞受賞。

写真:松原豊

スタッフ

  • 舞台監督

    山中秀一(現場サイド)

  • 舞台美術

    杉山至

  • 照明

    筆谷亮也

  • 照明操作

    吉津果美

  • 音響

    甲田徹

  • 演出助手

    多田柾博、中島由美子

  • 宣伝美術

    橋本純司

  • 制作

    富田明日香(quinada)

クレジット

主 催

烏丸ストロークロック

共 催

ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団) 京都市

協 力

中川裕貴、バンド 劇団 短距離男道ミサイル チェルノゼム 第七劇場 特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ 有限会社現場サイド 追上真弓(株式会社 カラメリ)三浦あさ子 せんだい演劇工房10-BOX quinada シバイエンジン

企画・制作

オフィスバックヤード

助成

芸術文化振興基金助成事業

京都府文化力チャレンジ補助事業

後援

特定非営利活動法人京都舞台芸術協会

PageTop