ロームシアター京都

ニュース
2018年6月24日
  • 公演・イベント
  • 募集

レパートリーの創造 木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』 スピンオフ!プログラム  ユースプロジェクトメンバーを募集!!

ロームシアター京都では、レパートリーの創造 木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』公演に際し、公演の前後に作品世界が持つ広さと深さを体験いただく「スピンオフ!プログラム」を開催します。

このたび、スピンオフ!プログラムおよび公演開催にむけて、ユースプロジェクトメンバーを募集します。メンバーは、今回の関連プログラムを企画するプロジェクトメンバー(編集者、翻訳者、デザイナー等)およびロームシアター京都スタッフと共に、企画運営、広報、デザイン、記録編集等を主体的に担います。舞台芸術はもちろん、アートプロジェクトや広報、学芸、編集、デザイン、映像などに興味や関心、スキルを持つ方々が集うことを期待して、たくさんのご応募をお待ちしています。

 

【募集要項】

◆対象:舞台芸術(古典・現代問わず)、アートプロジェクト、学芸、デザイン、編集、映像などに興味関心のある18歳~概ね25歳以下の方(高校生不可)

◆募集人数:15名~20名程度(応募多数の場合書類選考あり)

◆活動内容:A班/古典精読シリーズ B班/ポスタープロジェクト C班/イベント・公演制作のチームに分かれ、関連プログラム(リンク)および公演における、編集・デザイン・記録(映像・文章)・広報・運営等の実践を通じて、作品と社会をつなぐ活動を担います。

◆活動期間:2018年8月~2019年3月

◆活動場所:ロームシアター京都、ほか

◆参加条件:

・活動期間のあいだで、10日間以上参加可能な方
・参加費無料

◆応募方法:メールにて受付けます。指定フォーマット(WORD/PDF)をダウンロードし、必要事項を記入の上、応募アドレスまでお送りください。
※件名を「木ノ下歌舞伎 ユースメンバー応募」oubo[at]rohmtheatrekyoto.jp まで送付([at]を@に変えてください)

◆応募締切:7月30日(月)必着(23:59まで)

◆プロジェクトメンバー:

島貫泰介(編集者)、外山央(グラフィックデザイナー、アーティスト)、林立騎(翻訳者/2017年度ロームシアター京都リサーチャー)、武田知也(ロームシアター京都事業担当)、本郷麻衣(木ノ下歌舞伎 制作)

※プロフィールは最下部に記載

 

お問合せ:ロームシアター京都 TEL.075-771-6051(担当:武田)

 

関連プログラム予定の詳細はこちら

木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』公演詳細はこちら

 

【プロジェクトメンバープロフィール】

島貫泰介(美術ライター、編集者)

1980年生まれ。京都と東京を拠点に、美術、演劇、ポップカルチャーにかかわる執筆やインタビュー、編集を行なう。主な仕事に「美術手帖 特集:言葉の力。」(2018年3月)、「同誌 特集:あなたの知らないニューカマー・アーティスト100」(2016年12月)、CINRA.NETでのインタビュー取材など。

 

外山央(グラフィックデザイナー、アーティスト)

1981年滋賀県生まれ。グラフィック・デザイン、映像、サウンドなどさまざまな手法を用いて活動を行う。主な仕事に「物質性–非物質性 デザイン&イノベーション」(京都dddギャラリー/2016)、「自然学|SHIZENGAKU–来るべき美学のために–」(滋賀県立近代美術館/2012)。主な展覧会に「death of functions」(Art Basel Hong Kong/香港/2018)など。成安造形大学、京都造形芸術大学非常勤講師。http://www.hiroshitoyama.com

 

林立騎(翻訳者、演劇研究者/2017年度ロームシアター京都リサーチャー)

1982年生まれ。訳書にイェリネク「光のない。」(白水社)、リサーチ作品にPort B『東京ヘテロトピア』、論考に「教育劇とは何か」など。京都造形芸術大学非常勤講師、沖縄県文化振興会チーフプログラムオフィサー、NPO法人芸術公社メンバー。

 

武田知也(舞台芸術プロデューサー/ロームシアター京都事業担当)

1983年生まれ。「にしすがも創造舎」の運営および企画制作、国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」制作統括を経て、2014年よりロームシアター京都開設準備室に携わる。ロームシアター京都での主な仕事に、「搬入プロジェクト-京都・岡崎計画-」「CIRCULATION KYOTO」など。

 

本郷麻衣(木ノ下歌舞伎 制作)

1979年京都生まれ。京都造形芸術大学芸術学部洋画コース卒業。舞台公演制作者。在学中に演劇制作に触れ、以降様々な劇団やプロデュース公演の制作を行う。アトリエ劇研制作室を経て、(有)キューカンバーにてMONOや壁ノ花団等の制作を担当。2010年に木ノ下歌舞伎に初参加の後、2013年より同団体に所属。制作を担当している。

ニュース一覧へ
PageTop