ロームシアター京都

ニュース
2018年5月23日
  • 公演・イベント
  • 募集

木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』アンサンブル出演者オーディション開催のお知らせ

このたび、ロームシアター京都 レパートリーの創造『糸井版 摂州合邦辻』(2019年2月上演予定)におきまして、アンサンブルオーディションを開催することになりましたので、お知らせいたします。

たくさんのご応募、心よりお待ち申し上げております。

 

木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰)メッセージ
パッションのあるアンサンブル出演者求む!です!
浄瑠璃の『摂州合邦辻』も、その原作のひとつである能『弱法師』も、また、それらの源流でもある『しんとく丸』の物語も、“群衆”が大きなキーになっています。
ある時は、登場人物たちに深く同情し、またある時は、非情な視線を送りつつ、物語を根底から支えております。
今作『糸井版 摂州合邦辻』でも、群衆が担う役割が大変大きくなると思いますし、“アンサンブル”という肩書きから想像される以上に、濃密に創作に関わっていただくことになると思います。
短期集中ではありますが、だからこそ、無限大の情熱と好奇心を持った仲間に出会えることを楽しみにしております。

 

【アンサンブル出演者オーディション 開催概要】
■日程:2018年7月18日(水)、19日(木) ※書類選考(一次審査)あり
■会場:京都芸術劇場 春秋座(京都市左京区北白川瓜生山2−116 京都造形芸術大学内)
(協力:京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター)
■募集役柄:アンサンブル(役付の可能性あり)
■条件:
・20歳~40歳くらいまでの男女
・下記スケジュールに記載の稽古、本番期間および公演に伴う劇場リハーサルにすべて参加できる方
・稽古期間、本番期間中の日当および、以下ツアーにかかる交通費、宿泊費をお支払いいたします。
交通費)①京都-豊橋までの交通費、②豊橋―居住地域までの交通費、③居住地域(関東除く)-横浜までの交通費 ④横浜―居住地域(関東除く)までの交通費
宿泊費)①豊橋公演の宿泊、②横浜公演(関東在住者除く)の宿泊
※オーディションに関わる交通費、宿泊費、京都公演の交通費、宿泊費は自己負担になりますのでご注意ください。

◇スケジュール
(稽古)2019年1月21日~(京都にて実施)※事前ワークショップ等を数日実施する可能性があります。
(公演)2019年2月10日(日)― 11日(月・祝)ロームシアター京都 サウスホール
2019年2月15日(金)― 16日(土)穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
2019年3月14日(木)― 17日(日)KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

 

■応募締切:2018年7月9日(月)必着(メールの方は23:59まで有効)

■応募方法:
応募用紙をダウンロード(WORDPDF)の上必要事項記入および写真(全身・バストアップ)を添付し、メール又は郵送でお送り下さい。
※応募書類はご返却できませんので予めご了承ください。
【メール応募】件名に「木ノ下歌舞伎アンサンブル申込み」とし、oubo@rohmtheatrekyoto.jp 担当 宛
【郵送での応募】〒606-8342京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都
「木ノ下歌舞伎オーディション」係 宛

 

■選考方法:

◎一次審査
応募書類にて書類選考。書類選考を通過された方にのみ、7月12日(木)までに二次審査について、メールにてご連絡いたします。

◎二次、三次審査
実技(演技、ダンス、歌唱など)、ワークショップ形式にて選考。
二次:2018年7月18日[水]18:00-21:00(予定)
三次:2018年7月19日[木]18:00-21:00(予定)

 

<お問合せ>
ロームシアター京都  TEL:075-771-6051

 

【公演概要】
ロームシアター京都 レパートリーの創造 木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』
説教節「しんとく丸」や「愛護の若」を元にし、人形浄瑠璃、歌舞伎、文学、演劇と時代により形を変えながらも古来より脈々と語り継がれてきた名曲、物語を、木ノ下歌舞伎×糸井幸之介のタッグが、現代に紡ぎ直します。

■日時:2019年2月10日(日)~ 11日(月・祝)
■会場:サウスホール

作:菅専助、若竹笛躬
監修・補綴・上演台本:木ノ下裕一
上演台本・演出・音楽:糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)
企画制作:ロームシアター京都、木ノ下歌舞伎

製作:ロームシアター京都
共同製作:穂の国とよはし芸術劇場PLAT 、KAAT神奈川芸術劇場

※豊橋、横浜公演あり
【豊橋公演】2019年2月15日(金)~16日(土)穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
【横浜公演】2019年3月14日(木)~ 17日(日)KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

ニュース一覧へ
PageTop