SEARCH
JP / EN
TOP / 参加者・出演者募集 / 太陽劇団上映会「アリアーヌ・ムヌーシュキン:太陽劇団の冒険」

JOIN参加者・出演者募集

まもなく終了 募集期間:2021年9月13日〜2021年9月30日

太陽劇団上映会「アリアーヌ・ムヌーシュキン:太陽劇団の冒険」

  • twitter
  • facebook
太陽劇団上映会「アリアーヌ・ムヌーシュキン:太陽劇団の冒険」

アリアーヌ・ムヌーシュキン(第35回京都賞)と太陽劇団の活動の足跡をたどる

創設57年目を迎えるフランスの太陽劇団は、歴史と政治を主題とした数々の傑作を生み出し、国際的に高い評価を得てきました。その作品には、演出家であるアリアーヌ・ムヌーシュキンが若き日に心酔したという日本の能や歌舞伎、文楽の影響が垣間見えます。
新型コロナウイルスの感染拡大により、今年11月6日・7日に予定していた太陽劇団の新作公演「金夢島 L’ÎLE D’OR」は中止となりましたが(詳細はこちら)、ドキュメンタリー映像の上映を通し、アリアーヌ・ムヌーシュキンと太陽劇団の活動の足跡をたどります。

「アリアーヌ・ムヌーシュキン:太陽劇団の冒険」(カトリーヌ・ヴィルプー監督/フランス/2009/カラー/75分/フランス語、日本語字幕)
© 2009 AGAT Films & Cie / Le Théâtre du Soleil / Ina / Bel Air Media / ARTE France

日時:2021年10月1日(金)19:00-20:30
会場:サウスホール

主催:ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
協力:太陽劇団、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場、フェスティバル/トーキョー実行委員会

募集要項

応募方法

専用予約フォーム(こちら
申込開始日:2021年9月13日(月)10:00~

応募締め切り

2021年9月30日(木)23時59分

参加費

無料(要事前申込)
※開演時間を過ぎてからお越しになりますと、予約されていてもご入場いただけない場合があります

プロフィール

太陽劇団

©︎Pascal Gallepe

太陽劇団 Théâtre du Soleil

964年にフランスで旗揚げされた太陽劇団は、パリ郊外の「カルトゥーシュリ」(弾薬庫跡)を拠点にスペクタクルな演劇作品を創作し、世界中で上演活動を行っている。ヒエラルキーを排した独特の劇団運営、集団創作の方法論を持つことでも知られている。2001年に初来日し、『堤防の上の鼓手』(新国立劇場)を上演。文楽のエッセンスを大胆に取り入れた作品が大きな話題を呼んだ。

アリアーヌ・ムヌーシュキン

©Archives Théâtre du Soleil

アリアーヌ・ムヌーシュキン Ariane Mnouchkine

演出家。1939年パリ生まれ。イギリスで心理学を学ぶ中、オールド・ヴィック座でシェイクスピア劇に触れ演劇の道に入る。フランスに帰国後、ジャック・ルコック国際演劇学校に学び、ソルボンヌの古代劇研究会に所属する。ギリシャ劇の上演に女性の活躍する場が無かったことから、1960年に演劇集団A.T.E.P.(Association Théâtrale des Étudiants de Paris)(パリ学生演劇協会)を結成。1962年にA.T.E.P.を解散し、日本やカンボジアを巡り現地の演劇表現を学ぶ。1964年にA.T.E.P.のメンバーを中心に太陽劇団を設立。以後半世紀以上に渡り、演出家として活躍。その功績が評価され、2019年に京都賞(思想・芸術部門)を受賞した。

お問い合わせ

ロームシアター京都 TEL.075-771-6051(代表)

関連イベント