SEARCH
JP / EN
TOP / 公演・イベント / 自主事業ラインアップ / ロームシアター京都 リサーチプログラム
PROGRAM公演・イベント

自主事業

ロームシアター京都 リサーチプログラム

  • twitter
  • facebook
  • ロームシアター京都 リサーチプログラム

ロームシアター京都では、10年、20年、さらなる未来を見据えた公立劇場ならではの自主事業プログラムを検討し、ここ京都にて長い時間をかけて「劇場文化」を育んでいきたいと考えています。そのためには、舞台芸術を含めた同時代の社会状況およびその歴史的背景を踏まえた検証、実践が必要であり、そこには研究・批評等を専門とする人材の参画が必要不可欠であると考えます。プログラム策定のためのリサーチ、舞台芸術に関わる研究・批評分野と実践の場をつなげる若手人材の育成を目的に、リサーチプログラムを、昨年度に引き続き実施します。 リサーチテーマは、2017年度に引き続き、「古典芸能と現代演劇」と「子どもと舞台芸術」です。

概要

実施内容

選択したテーマに沿って、メンターおよび劇場職員、事業に関わる関係者とのミーティング、リサーチ、ディスカッション等を通じて、調査研究を行います。調査研究の成果は、劇場発行の機関誌、最終的な報告書で発表、公開されます。

リサーチテーマ

テーマA:古典芸能と現代演劇
古典芸能の歴史、成立の背景および芸術的特徴を紐解きながら、現代社会との接続の可能性を検証します。

テーマB:子どもと舞台芸術
子どもを取巻く現代社会の状況や課題を明らかにし、それらと劇場や舞台芸術との関係、果たす役割を探ります。

リサーチャー

古典芸能と現代演劇:新井静、中谷森、林立騎
子どもと舞台芸術:大野はな恵

メンター

吉岡洋(京都大学こころの未来研究センター特定教授)
若林朋子(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授、プロジェクト・コーディネーター)

関連ニュース